つる江の部屋

MENU

つる江自己紹介と、背中ニキビケアコスメを使って思うこと

つる江の笑顔の画像

はじめまして、『つる江』です。 このサイトの管理人をしています。

各商品の紹介ページなどで「つる江が」「つる江は」と書いているので、「お前誰だよ?」と突っ込まれた時のために自己紹介のページを作りました(笑)

つる江はこれを書いている2015年現在、24歳の会社員です。

背中ニキビ歴が長く、治すまでの過程であれこれ調べて色んな商品を試したり、詳しくなったりもしました。

そこで同じ悩みを抱える女性の役に立てれば、という気持ちでこのサイトを作りました。

背中ニキビとの付き合いは約10年

つる江の泣く画像

背中ニキビとは中学からの付き合いなのですが、一番嫌だった思い出はプールの授業!

もう、恥ずかしいわ泳ぐのに集中できないわ、でも休むわけにはいかないし。

母に相談すると「あぁ、思春期だからねー」と実のない返事。

そうか、思春期が終われば治るのか。と思いながら過ごした中学時代。

高校生になっても治らず、姉に相談すると「まぁ、10代のうちはねー」とこれまた実のない返事。
気づけば大学生になっていました(笑)

背中にニキビができるようになってから、ゴシゴシ背中を洗ってみたり、化粧水をつけてみたりしていました。

つる江の怒る画像

でも全然治らなくて、悶々としながら過ごした学生時代。あーもう、なんで治らないの!?と半ば逆ギレを起こしたのが大学生の時。

そこで、背中ニキビについて徹底的に調べてみました。
なんでできるの?
治し方は?
予防法は?などなど。
その過程で、背中ニキビ対策用のコスメにたどり着きました。

ちなみに、背中ニキビの原因や治し方については、別のページに詳しく書いておきました。

背中ニキビの原因について>>
背中ニキビの治し方について>>

思った以上に色々なメーカーが作っていることにびっくり。悩んでたのは私だけじゃなかったのねと思いました。

何で背中をケアしてた?

そこでつる江は気づいたのです。
今までやっていた自己流のケアに、背中ニキビ対策用のコスメが登場していなかったことに。

皮膚科に行くより、エステに行くより、簡単に治せるかもしれない!ということで、コスメで治してやろうじゃないかと思いました。

でも、実際にコスメを試すようになったのは社会人になってから。

おサイフ事情もありますが、大学生くらいまでは「ビタミン剤」とか「お風呂での洗い順」とか、生活習慣から背中ニキビを治すような方法を試していました。

※背中ニキビケアについてはこちらの記事も参考なるかと思います>>

つる江の焦る画像

ていうか、社会人になったらストレスからか疲れからか、背中ニキビが悪化したというのもあります。

いつまでも一進一退するような方法ではなく、ちゃんと治さなくちゃマズイ!と焦ったんです。

実際にコスメを試してみて思ったこと

いいなと思ったコスメを色々試してみたわけですが、使ってみて一番思ったことは。。。
「背中って、頑張って落とすことはあっても、頑張って補うことはなかったなぁ」ということ。
落とす=洗う、補う=うるおす、ですね。

ニキビができると、「ちゃんと洗わなきゃ!」と躍起になりませんか?

つる江の疑問の画像

アブラは敵!とゴシゴシ洗って、肌が突っ張るくらい皮脂を落としまくって満足したり。

でもニキビができるのはなんで?と思ったことありますよね。洗ったあとのケアはしていましたか?

背中をちゃんと保湿したこと、ありますか?

つる江は、化粧水などで保湿をしていました。

でも、顔に使っているものをそのまま使い、たまにボディクリームをちゃんと塗るくらい。

つる江の考える画像

しっかり保湿したか?と言われると微妙。ちゃんと洗ったんだから大丈夫、という気持ちが強かったんですね。

背中ニキビ用のコスメを背中に塗ってみて、「あ、背中が潤ってる」と初めて思いました。

特にジェルタイプはしっかり潤って長持ちするので、そう感じましたね。

つる江は乾燥肌です。
だから腕や背中を手のひらで触ると、サラサラしています。
でも本来は、肌って皮脂膜で覆われているので、サラサラしてないはずなんです。
触ると手のひらに肌が吸い付くような感覚、スキンケア後のほっぺた以外で初めてです(笑)

それと石鹸やボディソープ。普通のボディソープとは、洗い上がりが違います。

しっとりをうたい文句にしたボディソープがたくさん売られていますが、「しっとり」のために何が入っているのか?

そのしっとり感が裏目に出ているのかも知れないなと感じました。

背中ニキビケアコスメとの相性

乾燥が原因で背中ニキビができる人は、保湿に優れたジェルタイプがおススメ
でも、「ベタベタする」といった口コミが見られます。

まずはうすーく伸ばしてみてください。

つる江のポイントを伝える画像

元々乾燥しているから、ジェルを塗った状態に違和感を覚えているのかもしれません。

保湿されている=普段どおりのサラサラな肌ではない状態に、慣れることから始めてみてください。

いきなりジェルではなく、化粧水から始めるのもアリです。
顔はしっとり潤したいのに、背中はサラッと乾燥した状態がいいなんて、変ですよね?
背中がしっとり潤っている状態に慣れる頃には、少しずつニキビの症状が落ち着いてきていると思います。

乾燥が原因なら、保湿をしっかりすれば肌の状態が良くなるので、ニキビも落ち着いてくるはず。

乾燥肌ではない人や、どうしてもジェルがベタベタするという人は、化粧水を使うか、ボディソープを替えるのもおススメ。
皮脂が多くて背中ニキビができるタイプには、余分な皮脂をしっかり落とすボディソープや石鹸のほうが相性がいいと思います。

ジェル・化粧水・ボディソープのどれを使ってもイマイチ、という人
もしかしたら、背中ニキビのせいでターンオーバーが遅れて、背中の角質がぶ厚くなっているのかも。

そうなると、どんなに分子の小さな成分も、角質層の奥へは届きません。

この場合は、いったんピーリングで背中の余分な角質を落としてみてください。

つる江の背中に浸透していく画像

角質ケアをしてから化粧水やジェルを塗ると、グングンしみ込みますよね。

背中も同じなので、今までよりも効果がでるかもしれませんよ。
つる江がオススメするコスメを見てみる >>

おわりに

いかがでしたか?自己紹介といいつつ違うことばっかり書いてしまいましたが。

背中ニキビには保湿が有効!って、知らない人が多いんです。

ニキビケア=皮脂を落とすは間違ってはいませんが、落とした後が肝心なんですよね。

汚れや角質・皮脂を落としたら、ガッツリ保湿してください。

是非ぜひ、背中を顔と同じくらい丁寧に保湿してください。

つる江の喜ぶ画像

乾燥肌なつる江は、保湿を見直すことで背中ニキビを治すことができました。

1人でも多く、背中ニキビとサヨナラできることを祈っています。

つる江が1番良いと思うコスメはこちら >>