背中ニキビ 症状

MENU

背中ニキビの症状をチェックして、正しい背中ニキビ対策を!

背中がぶつぶつのつる江

背中にできたブツブツがシャツに引っかかるし、なんだかムズムズする。

椅子の背もたれに寄りかかったらなんだか痛い、など気になってきますよね。

鏡で見てみると赤くなっていて目立つし、かゆいけど、かいたら絶対痛いし、何せ見た目が悪い!

泣くつる江

背中ニキビって気分も滅入るし、いいことなんてないですよね。

このページでは、あなたの背中にできたブツブツが、背中ニキビなのかそれとも何か別の皮膚炎なのか?

それを判断していただく為に、私が調べた背中ニキビの症状についてお話していきますね。

注意!ニキビと皮膚炎では対処方が違います!

ニキビ薬を違う皮膚炎に塗っても治りませんし、場合によっては症状を悪化させてしまいます。

薬を塗っているのにいつも長引くのよね、と思っていたあなた。

もしかしたらそれ、ニキビじゃないのかも知れませんよ!

今回は、背中にみられるブツブツの主な正体と症状を解説しますので、今あなたの背中にできているのがどれにあてはまるのか?

差し棒を指すつる江

是非鏡の前でチェックしてみてください。

症状をきちんと把握することが、正しいケアへの第一歩です。

背中の症状をチェックして、正しいケアと対処方法でつるつるの背中を取り戻しましょう。

背中のブツブツの正体@ニキビ

顔にできるおなじみのニキビは、背中にもできます。

背中は皮脂腺がたくさんあるので、皮脂の分泌がさかんです。

汗もかきやすいため、ニキビができやすい環境にあります。

背中ニキビは段階によって症状が異なります。
では、段階ごとに解説しますね。

症状1 白ニキビ

白ニキビ

余分な皮脂や古い角質が毛穴に詰まると、角栓ができます。

コメドとも呼ばれているこの角栓を放っておくと、毛穴がさらに詰まるため、毛穴から皮脂が盛り上がります。

毛穴に詰まった皮脂が白く盛り上がっているので、白ニキビと呼ばれています。

毛穴は閉じた状態で、ニキビの初期症状です。

正しい洗浄方法で皮膚を清潔に保ち、適切に保湿を行うことでケアすることができます。

症状2 黒ニキビ

黒ニキビ

白ニキビが空気に触れ、毛穴に詰まっている皮脂が酸化すると黒ずんできます。

この黒ずんだ状態のニキビを黒ニキビといいます。

毛穴は開いた状態で、白ニキビと同様にニキビの初期症状です。

白ニキビと同じように、正しい背中ニキビケアを行うことで改善することができます。

症状3 赤ニキビ

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビを放っておくと、皮脂を好むアクネ菌が繁殖します。

アクネ菌は普段から私たちの皮膚に住みついている細菌で、皮脂を好み酸素を嫌う性質があります。

そのため、皮脂が詰まった毛穴の中はアクネ菌が大量に繁殖しやすく、皮脂を分解して刺激性物質を作ります。

その結果、赤く炎症を起こしてしまったものが赤ニキビです。赤く腫れた状態は数日続き、痛みを伴います。

皮膚を清潔に保ち、ニキビケア用品を塗ることで自己ケアも可能ですが、炎症を起こしているので放っておくと危険です。

誤って潰してしまうと、ニキビ跡ができてしまう恐れがあります。はやめに皮膚科を受診することをおすすめします。

症状4 黄ニキビ

黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化した場合、赤く炎症を起こすだけでなく化膿してしまいます。

こうなると、皮膚の奥にある真皮やそのさらに奥の皮下組織にまで炎症が及んでしまいます。

赤い炎症だけでなく黄色い膿が発生し、痛みを伴って腫れあがるのがニキビの末期症状である黄ニキビです。
※膿ニキビとも呼ばれます。

毛穴や真皮・皮下組織に大きなダメージが残るため、黄ニキビがおさまった後はクレーターのようなぼこぼことしたニキビ跡ができたり、色素沈着を起こしたりします。

黄ニキビにまで段階が進むと、自己ケアでの治療は不可能です。

毛穴の中にはアクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌も増殖しており、炎症が拡大する恐れがあります。

黄ニキビを触って潰してしまうと、ほぼ確実にクレーターのようなニキビ跡が残ります。

潰すつもりはなくても、自己ケアで薬を塗ろうと触っただけで悪化することもあります。

できるだけ早く、皮膚科での診察が必要となります。

背中のブツブツの正体Aマラセチア毛包炎

マラセチア菌というカビ菌の一種によるもので、マラセチア毛包炎といいます。
マラセチア毛包炎は見た目があせもまたは赤ニキビに似ているため、ニキビと勘違いしてしまうことがありますがニキビとは別の皮膚炎です。
では、マラセチア毛包炎の主な症状を説明します。

  • マラセチア毛包炎は見た目が赤ニキビと良く似ています。
  • 赤ニキビよりも小さく、大きさは均一です。
  • 場所は固まらずに、くっつき合わずに広がって分布します。
  • 赤ニキビと同じように、かゆみを伴うことがあります。
  • ニキビと同じように膿がたまる場合がありますが、ニキビとは違い押してもつぶせません。
  • ニキビよりも自然治癒する可能性は低いです。そのかわり、医療機関で治療を行えば治りやすく、跡も残らずキレイに治ることもあります。

ニキビとは原因菌が異なるため、ニキビ用の薬を塗っても効きません。
薬を塗っているのに治らない、長引くという場合はマラセチア毛包炎を疑ってみましょう。マラセチア毛包炎はニキビと症状が良く似ていますが、治療方法は全く異なります。治療によってきれいに治ることも多いそうなので、早めに皮膚科へ行くことをおすすめします。

また、マラセチア菌が作るたんぱく質が汗に溶け出すと、アレルギー反応を起こしアトピー性皮膚炎の原因になることがあるそうです。マラセチア毛包炎と重なって強いかゆみが起こることがあります。

背中ニキビの症状まとめ

いかがでしたか?背中ニキビとマラセチア毛包炎について症状を解説してみました。

背中ニキビに関しては、自己ケアで問題ないのは白ニキビと黒ニキビまで。
赤ニキビも自己ケアで治せますが、皮膚科へ行ったほうがベターです。

黄ニキビは自己ケアで治せませんので、赤ニキビになる前までに背中ニキビを見つけて、きちんとケアするのが一番ですね。
もし赤ニキビまで症状が進んでしまった場合、黄ニキビになる前に治しましょう。

もし皮膚科へ行く時間がない場合や皮膚科へ行きたくない場合、背中ニキビ専用ジェルというものがあります。
顔用のニキビ薬は、背中の皮膚は顔より厚いため届きにくいため、背中専用の商品を使うのが効果的です。

おススメするのはジュエルレインという商品です。私はこれで背中ニキビを対策できました。
保湿から殺菌までこれ1つでOKという薬用の美容ジェルです。背中の厚い皮膚にもきちんと浸透するように作られているのが、他のニキビ対策コスメとの大きな違いだと思います。

背中にニキビができたかも!というあなた、早速鏡でチェックしてみて下さい。
まずはニキビかどうかのチェックをして、ニキビならば段階に応じたケアを。
とにかく早期発見と早期ケアで元のきれいな背中を取り戻してください。